膿の痛みと不安で歯を守る事を決意したあの日

歯の治療と言えば、子どもの頃は虫歯が主な原因で歯医者に通うことがほとんどだったかと思います。
しかし、大人になると虫歯で歯医者に通うだけではなく、様々な理由で通う機会が増えてきました。
例えば、歯石をとったり、歯についた茶渋を綺麗にしたり、子どもの頃に治療した歯の痛みであったり、歯ぎしりを治すためにマウスピースを作りに通ったりと様々です。
その中でも、歯の治療で、もう経験したくないと思った歯の痛みをご紹介させてもらいます。
それは、子どもの頃に治療した歯が痛みだし歯医者に通った時のことになります。歯は既に銀歯でかぶせてあり、その歯が痛みだしました。
歯医者を予約して行き見てもらいましたが、炎症を起こしている可能性があると言うことで、薬を塗り、抗生物質の薬と痛み止めの薬をもらいその日は帰りました。
数日たっても、症状はあまりかわりませんでしたが、ある日を境に痛みが激しくなりました。
歯医者からの痛み止めは、けっこう強力な薬だったので、市販の痛みを和らげる薬を飲んで対応しようとしましたが、全然きかず歯医者からもらった薬を使用しはじめました。
その痛みは、仕事が手につかなくなるほどで、痛み止めの効果がきれるたびに薬を飲んでいました。
また、夜中にも痛みで目が覚め、寝ることができないため、夜中にゼリー等の食べやすいものを食べて、薬を飲むこともしていました。
そして、ようやく次の歯医者に通う日がきました。
その時に言われたのが、膿がたまっているとのことを聞かされました。また、歯科医師からは「相当痛かったはず、よくこの期間耐えましたね」とのことも言われました。
前回の検診は何だったんだと思いながらも、とりあえず原因がわかり、治療で痛みがなくなるんだと安心しました。
治療はと言うと、銀歯をはずし、膿をだし、薬を塗って、抗生物質の薬と痛み止めをしばらく飲むと言うものでした。
治療もけっこう痛かったですが、数日は膿をだしたことによる痛みもけっこうありました。
この痛みは、自分の歯の痛みで一番強く印象的で、またいつなるんじゃないかと不安を覚えるほどでした。
また、普段は歯医者に駆け込みすれば何とかなるが、年末年始などの休みの日になったらどうしようなど、気持ちの部分でのダメージも大きい出来事でした。
不安解消のため、しばらくは残った痛み止めの薬を持ち歩くような過ごし方をしていましたが、こんなことにならないよう、今は定期的な検診をし予防に努めています。

旦那さんの歯が汚いので白くしたいと思っている話

うちの旦那は、医者とつくものはとにかく嫌いで歯医者なんて全然いかなかったんです。仕事が朝早くから夜遅くまでしていて、休日でも、仕事が終わらないと言って、行ってしまう人なんです。そんな人が、最近『歯が痛い』というか、歯の下が痛いとわけのわからないことを言い出したんです。仕事で発表や、偉い人の接待やらとっても気を使って疲れてるんだと言い聞かし2日ほど様子を見ていたのですが、ロキソニンに頼らなければいけないくらい寝れなくなってしまい、会社の近くの歯医者に行ったようです。
やはりむし歯だったようで、むし歯の奥のうみが痛みの原因だったらしいのです。
少しでも痛いのを我慢できない旦那は、麻酔をしてもらって膿を出してもらい、白い詰め物をしてもらって事なきを得ました。そこでもらった“ボルタレン”という鎮痛剤はとっても効くみたいで、ロキソニンとボルタレンを検索し、ボルタレン→痛みに強い、ロキソニン→痛みに早く効くと教えてくれました。
左のほおがほっといたぶん、腫れていて、年末におたふくをやった息子に『パパ、おとなもおたふくかかるの?』とおもしろい質問をしていました。ほんとに、おたふくかと思うくらいに腫れていて、冷えピタとマスクを同時にするというおもしろい顔になっていました。
ごはんやおかずを噛む行為があまりできそうもないらしく、ラーメンやたこ焼きなどのものを食べていました。夕飯とは別のメニューに、子供たちに食べられてあまり食べられなかったように思います。
そして、いつもは絶対に夜の歯磨きをしない人が、夜の歯磨きをしに行くではありませんか?びっくりした子供は『むし歯になったから歯みがきしてるの?』とこれまた痛い質問をしていました。子供とは正直者すぎて、びっくりしてしまいます。
わたしもむし歯治療に通っていて、今日は麻酔をしての治療だったんです。
いつもは分かり合えない麻酔の話で盛り上がりました。
麻酔がまだ切れていないので、ちょっと口に閉まりがなく、飲料を飲もうとするとこぼしてしまうところも共感できました。麻酔をしてむし歯治療をすると、治療中は全然痛くないのですが、麻酔をする注射が痛いなど。
むし歯がきっかけで歯医者に行くようになった旦那。私は以前から、旦那の前歯のむし歯が進行していて黒くなってきているのがすごく気になっているんです。これを期に、目立つ前歯だけは治してほしいと思っています。これから何十年生きるか分かりませんが、ずっと自分の歯で食べられるように定期的に通ってほしいです。

寝ている時の歯の噛み締めが歯を汚くする

私は学生時代、病院費を抑えるため歯医者に定期的に検診に行っておらず、どこかが痛くなったら通っていました。そうすると、痛い箇所以外にも虫歯やその予備軍が見つかったりと歯にとって良くはない状態になっていました。そのため今後の歯の状態を考え就職してお金に余裕ができるようになると時期をみて検診に通っておりました。
しかし、ある日ふと歯の噛み合わせ部分が平らでないことに気が付きました。明らかに歯が窪んでいるのです。元々歯並びが悪かったため、噛み合わせが悪く窪んでしまっていたかなと思い、次の検診日にその旨を伝えました。すると、元から窪んでいたわけではなく削れてきていますとの返答でした。思い当たる節がなかったため驚きました。原因は何なのか尋ねると、おそらく夜寝ている時に無意識に噛み締めてしまっているのだろうということでした。寝ている時家族にも歯軋りなどを指摘されたこともなかったため、自覚症状がありませんでしたが、このままだと更に削れてしまうということでマウスピースを作ってもらうことになりました。
私がマウスピースを作ってもらった際には歯に石膏のような専用の溶剤を付けて型を取り、その型を元に作られました。実物を目にするまで、私のイメージの中ではボクサーの方達がつけている大きくカラフルなものを思い描いていたため、毎日はめていて本当に寝られるのだろうかと心配していましたが、出来上がったマウスピースは透明で歯の長さの半分以下のサイズで付けたまま口を閉じても違和感なく安心しました。マウスピースを付けた初日はいつもと違う感覚になかなか寝付くことができませんでしたが、何日かするとその感覚にも慣れることができ眠る際の不快感はなくなりました。
付け始めてから1ヶ月程経ったある日に、私はマウスピースを付け忘れて寝てしまいました。その次の日の朝目覚めると、心なしか顎が疲れていました。なぜだろうと考えていて、ハッとしました。おそらくですが、噛み締めることにより歯だけではなく顎にも負担がかかっていたのだろうと思います。付けてからはその負担が軽減されており、久しぶりに付けなかったため、付けないことでの負担を急に感じたようでした。マウスピースを付ける前まではなんとも感じていなかったため、こういうことかと1人納得しました。また、それから半年程して、友人に顎周りがスッキリしたねと言われることが増えました。自分でも写真と見比べるとかなりスッキリしたように感じられ、おそらく、噛み締めることがなくなり顎の筋肉が減ったのだろうと思います。
ふとしたことがきっかけで私は寝ている時の歯の噛み締めに気付くことができ、その結果良いことばかりでした。無意識の行動なのでなかなか気づくことが難しいと思いますが、自分の歯をよく観察して気になることは自分からでも歯医者さんに聞いてみると良いかと思います。