膿の痛みと不安で歯を守る事を決意したあの日

歯の治療と言えば、子どもの頃は虫歯が主な原因で歯医者に通うことがほとんどだったかと思います。
しかし、大人になると虫歯で歯医者に通うだけではなく、様々な理由で通う機会が増えてきました。
例えば、歯石をとったり、歯についた茶渋を綺麗にしたり、子どもの頃に治療した歯の痛みであったり、歯ぎしりを治すためにマウスピースを作りに通ったりと様々です。
その中でも、歯の治療で、もう経験したくないと思った歯の痛みをご紹介させてもらいます。
それは、子どもの頃に治療した歯が痛みだし歯医者に通った時のことになります。歯は既に銀歯でかぶせてあり、その歯が痛みだしました。
歯医者を予約して行き見てもらいましたが、炎症を起こしている可能性があると言うことで、薬を塗り、抗生物質の薬と痛み止めの薬をもらいその日は帰りました。
数日たっても、症状はあまりかわりませんでしたが、ある日を境に痛みが激しくなりました。
歯医者からの痛み止めは、けっこう強力な薬だったので、市販の痛みを和らげる薬を飲んで対応しようとしましたが、全然きかず歯医者からもらった薬を使用しはじめました。
その痛みは、仕事が手につかなくなるほどで、痛み止めの効果がきれるたびに薬を飲んでいました。
また、夜中にも痛みで目が覚め、寝ることができないため、夜中にゼリー等の食べやすいものを食べて、薬を飲むこともしていました。
そして、ようやく次の歯医者に通う日がきました。
その時に言われたのが、膿がたまっているとのことを聞かされました。また、歯科医師からは「相当痛かったはず、よくこの期間耐えましたね」とのことも言われました。
前回の検診は何だったんだと思いながらも、とりあえず原因がわかり、治療で痛みがなくなるんだと安心しました。
治療はと言うと、銀歯をはずし、膿をだし、薬を塗って、抗生物質の薬と痛み止めをしばらく飲むと言うものでした。
治療もけっこう痛かったですが、数日は膿をだしたことによる痛みもけっこうありました。
この痛みは、自分の歯の痛みで一番強く印象的で、またいつなるんじゃないかと不安を覚えるほどでした。
また、普段は歯医者に駆け込みすれば何とかなるが、年末年始などの休みの日になったらどうしようなど、気持ちの部分でのダメージも大きい出来事でした。
不安解消のため、しばらくは残った痛み止めの薬を持ち歩くような過ごし方をしていましたが、こんなことにならないよう、今は定期的な検診をし予防に努めています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です